デジタルパーマダメージの対してのリケラ矯正

東京は葛飾区の美容室ブログです。

お客様に最高と思って頂けるよう日々邁進して
縮毛矯正の技術向上を怠らないspecialty shop。
コンセプトは「ノーダメージ・ノーブロー」
髪をダメージさせない!そのことを第一に考え
そして必ずドライオンリーで仕上げます。
ブローをしないことで、もし伸びていなかったら
その場でわかるわけです。

 

東京都葛飾区立石1-21-10 Skyspa1階
Skyspa Straight&Digital 立石駅前店
03-5654-6250(火曜日定休)

mail  sato@sky-spa.com
(基本火曜日定休、時に月曜も休むときがあります)

ご予約はこちらからお願いいたします。


デジタルパーマダメージに対しての矯正です。
最近、多いのがデジタルパーマダメージです。
よくお聞きするのが、かけたときは良かったけど、時間が経つにつれ
ダメージがでてくるというもの。
その多くは、毛髪に残る残留アルカリによるもの。
アルカリ剤は、カーリング剤やカラー剤などに含まれているpHを調整している成分。
髪を膨潤させて、パーマ液の浸透性を高める働きがあります。

さて、このアルカリ剤ですが、pHがアルカリ性なので髪を膨潤させます。
この状態を長く続けると、髪の成分であるCMCやタンパク質を流出させて
しまうわけです。それによりダメージでキューティクルが脱落すると途端に
表面にパサつき、毛羽立ちが現れます。

ではどうするか?

残留 アルカリ剤の働きを止める=中和をさせる必要があります。

アルカリ剤は、髪のpHをアルカリ性にして、髪を膨潤させます。
アルカリ剤の働きを止めるには中和 をします。
つまり、酸性の液剤を塗布してpHを調整することで
残留アルカリ剤を中和をさせます。
よく、業界では「アルカリ除去」という言い方をしますが、
正確には、「アルカリを中和する」というのが正しい。
中間処理そして後処理で、パーマ剤のアルカリ中和をしておくことが
重要です。

skyspaではこれを「ヘアデトックス」と呼んでいます。
これが疎水化の決め手になるわけです。
うちでは、リトルの「キトキト」を使います。
これにはアルカリ中和のために、クエン酸・リンゴ酸・乳酸・
キューティクル補修のヒドロキシプロピルキトサンとナノ化キトサン
が含まれています。


ビフォー:根本の癖と毛先のパサつき。毛先の硬化から見て残留アルカリ
によるもの。


アフター:ヘアデトックスをさせて、こんなにシルキーに変身します。
「リケラ縮毛矯正・カラー毛コース」¥25900
是非お試しください。

またお待ちしております。

 

 

WEB予約はこちらからです。
*縮毛矯正のご新規の場合、カウンセリングに時間がかかります。
4時間強、お時間をみてください。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
  
 click!して下さい♪

ReKERAシリーズのミストとエマルジョンです。skyspa・shopでも発売中。

髪のケラチン骨格補修のAEDSケラチン。髪の骨格から見直し補修する、
そして補強する。
これからのエイジングヘアに対応する真のケアとは?
ケラチン・CMCの骨格から構築していきます。

ミストのほうは、ポリアミンAEEとAEDSケラチンで補修予防を。
特にポリアミンAEEは「超好熱菌」により90℃以上でも生息できる働きの
アルギニンエチルHCLが熱のタンパク変性を抑えます。

そしてエマルジョンは液晶性コレステロールとAEDSケラチン。
コレステロールと5種類のセラミドからCMC骨格を形成します。
もう「やせ髪」で悩むことはなくなります!

skyspaネットショップで購入できます。

Skyspaネットショップ入口
↑ ↑ ↑ ↑ お手数ですが、初回のみ新規ご登録をよろしくお願いします。
パスワードは、ご自分で任意で設定してくださいね。

Skyspa Straight&Digital 立石駅前店
東京都葛飾区立石1-21-10 skyspa1階
03-5654-6250(火曜日定休)